産婦人科の看護師はどんな仕事?

産婦人科でお仕事をする看護師は、産科の業務と婦人科の業務の両方を行う事になります。
そして、婦人科の業務とは、子宮や卵巣など婦人科系器官の疾病を取扱う業務がメインとなります。
そのため、産婦人科の看護師は、婦人科疾病の手術に立ち会ってサポートする事も業務となります。
総合病院や大学病院などでは、手術に立ち会う専門の看護師がいたりして、産婦人科の看護師は手術室に患者さんを送り届けるまでを担当するという医療機関もあるようですが、これはケースバイケースのようですね。
産婦人科で働く看護師の日常的な仕事は、・出産のサポート・産後の母体や新生児の管理など。
産婦人科は、女性がおおい看護師というお仕事で、同じ女性に特有の疾病や経験をそばで見守る事ができるお仕事。
産婦人科で仕事をする看護師の中には、この治療室を専門に担当している看護師などもいたりするようです。
こうした専門性が特に高い治療室で仕事をする看護師には、もちろん専門知識や専門的な技術も求められます。
看護師としてのキャリアアップでもある認定看護師や専門看護師などにも産婦人科は分類されているので、看護師としてのキャリアを磨いて管理職まで上り詰める事も可能です。
看護ジャパン求人サイト口コミ