FX

FXを始めた当時は定職につきながらトレードしていたので、中長期メインのスイングトレードを行っていました。しかし、スイングトレードだとトレンドが変わって利確または損が出た時の損切りタイミングや、ファンダメンタルによる急な変化についていくのが難しく、また、損切りした後の気持ちを切り替え方が難しいと感じていました。それに、仕事をしている間もトレードが気になってしまい生活的にも余り健全でなかったです。それに対して、デイトレードはポジション持つ期間が短期間なので、トレンドが変わったら取りあえず決済することができます。それが損切りであった場合でも最小限に抑えられるので、トレードし直す時の心の切り替えもしやすいです。また、仕事が終わってからトレードすることができ、利損に関わらずのその日の内にトレードを終えることで、通常の生活にも支障が出ないレベルで過ごすことができます。